ピカチュウ大会チュウ 使用構築 【ロリプル】(パメラ、たぶ、ぴったん共同制作)

     

ポケモン 持ち物 特性
ピカチュウ でんきだま 放電 草結び めざパ地面 猫だまし 避雷針
レアコイル 食べ残し 放電 ラスターカノン めざパ地面 守る 頑丈
サイドン 気合いの襷 岩雪崩 地震 ドリルライナー 守る 避雷針
タマンタ ソクノの実 熱湯 エアスラ 追い風 ワイドガード 貯水
ズルッグ 突撃チョッキ ドレインパンチ 噛み砕く 岩石封じ 猫だまし 威嚇
ヒノヤコマ- クロバット 追い風 横取り 守る 疾風の翼


"ピカチュウ大会チュウ"通称ロリプルに参加しました
結果は27勝3敗(負けの内訳:超有利対面でエラー、エラーなければ100%勝ちの場面でエラー、実力負け)
構築の段階で同速勝負を出来るだけ避けていてかつ実戦は安定してずっと勝ってたので非常にこの大会は楽しかったです
ちなみにパメラとたぶさんも同じメンバーを使ってました。技配分は微妙に異なります。ぴったんさんはこれとは別のパーティを使用していました
大会の順位はレートが高い人と当たることが出来なかったので、レートは勝率の割に高くなくいい順位ではないと思います。悲しい


ポケモンの簡単な紹介
詳しいのは下の個別に書いてます
ピカチュウ…参加必須ポケモン。全員が入れるこのポケモンが大きく勝率を分けるのは当たり前
レアコイル…耐性優秀、耐久実数値も高い、超高火力と凄まじい性能を持つポケモン。通常トリプルでいうならば技選択を自由に変えれる眼鏡襷残飯ヒードラン。強すぎい
サイドン…最強の一角。一回動かすことが出来れば大きく勝ちに繋がるので襷。これが強かった
タマンタ…追い風要員その1。超高火力のパールルを受ける為にもいてワイドガードも使えます。便利ポケ
ズルッグ…威嚇猫だまし。優秀な格闘悪打点を持ち火力も高いです。通常トリプルのカポエラーより強いイメージ
ヒノヤコマ…追い風要員その2。耐久低いポケモンが多いこのルールでは通常トリプルのファイアロー疾風の翼ブレイブバード以上に疾風の翼アクロバットは驚異でした。更に横取りでワイドガードを奪ったりもできます。超危険ポケなのでこのパーティはヒノヤコマに出来るだけ厚くなるように意識して作りました


パーティの動かし方

場合その1:対追い風パ
 この大会の多くはトリパが弱い(理由は下)。となるとやはり上から殴るのが正義です。だからこの大会では追い風vs追い風が大半になると予想しました。このルールは耐久低い癖に火力の高いポケモンが多く、追い風パ同士で有利になる為にはSを上げていくしかありません。ただ高速ポケモンは耐久が低い。ただで全体的に耐久が低くて択ゲーまっしぐらなのに更に択ゲーが加速します。択ゲーを自分から仕掛けていくのは勝率を下げます。それは避けたい。そこで辿り着いたのが中速追い風2枚パです。上手く文章でまとめることが出来なかったので理想的な展開は下に置いときます


理想的な展開
1ターン目:お互い同時に追い風
2〜4ターン目:お互い追い風しているので、普通のトリプル。一瞬で勝負がつくということは無い筈です。ただ相手の方が速いポケモンが多いので多分やや不利ぐらいの展開が続く。そしてこちらは追い風が止むまでに相手の追い風ポケモンを倒します!
5ターン目:2回目の追い風を使う(自分のみ)
6ターン以降:自分のみ追い風トリル無し。明らか有利です。ここからは圧勝の展開!勝ち!


これを狙っていました。実際この通り試合が決まることが多く勝ちやすかったです


場合その2:対トリパ
 パメラ、たぶさん、ぴったんさん大会直前(大会中)に話し合ったんですが、トリパはこの大会では非常に弱いという結論に至ったので特に対策は考えてなかったです。根拠としては事前にフレ戦をしてみると火力が微妙で毎回簡単に危うい場面なく勝ててしまったからです。強い弱いに関しては実戦に勝る考察なし。ということでこれ以上深く考えていませんでした
 これだけで終わるとそっけないので、このパーティの対トリル耐性を見ていきます。トリパの主力はユキカブリ、パールル、ランプラーと特殊寄りのポケモン達です。大して子の構築はトリパの駒として戦うような遅いポケモンはいないですけど、打点を持ち耐久の高い突撃チョッキズルッグ、超耐久でワイドガードのあるタマンタ、耐性で強いレアコイル、トリル下でも相手を簡単に縛っていくヒノヤコマとトリルポケモンに強い駒が数多く揃っています。なので1回目のトリルを凌ぎることは容易に出来るし、凌ぎきった後は2回目のトリルは張らせず上から制圧して勝利できると考えてました。実際大会の多くのトリパはいなすことが出来ました
 ただ自分は当たりませんでしたが、これにあてはまらない完成度が非常に高いトリパがあったようです。このルールでは強いトリパを作ることは出来ないと思っていたので、本当に素晴らしい構築力だと思います。羨ましい!


場合その3:対S操作無し
追い風もトリルも(横取りも)ないパーティ。言葉は悪いですがはっきり言わせて下さいな。カモです。追い風してサイドンレアコイルピカチュウで制圧します。あまり考察してないけど、とりあえず参加してみようかなって人が使っていたと思います



個別

ピカチュウ

持ち物/特性でんきだま避雷針
放電草結びめざパ地面猫だまし
性格/配分控えめ89(252)-42-45(92)-55(80)-50(80)-68

ヒノヤコマのアクロバット2耐え
ピカチュウのめざパ地面を最高乱数以外耐え


技の採用理由
・放電…10万ボルトにすると相手のサイドンピカチュウ、そして味方のサイドンに吸われてしまいます。1プレミも許されないこのルールで10万ボルトを相手の避雷針を考慮しつつ適切に打ち続けることは不可能だと思い10万ボルトは不採用になりました。ただ電気玉ピカチュウの電気技の火力は魅力的で捨てがたいです。味方を巻き込むことを考慮に入れても採用する価値はあると思い採用しました
・草結び…サイドンを1回でも有効に動かされたら大きく負けに繋がります。危険なサイドンを一撃で倒すことが出来るので真っ先に採用しました。強い
・めざパ地面…ピカチュウ最優秀技。このルールは非常に地面技が通ります。電気玉を持ったピカチュウのめざパ地面はワイガに引っかからない安定したダメージソースで強かったです。100%相手にいるピカチュウ、面倒なレアコイルニダンギル等にも大ダメージを与えることでき優秀でした


 超強いピカチュウ。CSピカチュウは同速運ゲーを繰り返すgmポケですが、このピカチュウはそれなりに耐久があるので火力が高い通常ポケモンとして使用できます。大会参加前はピカチュウは邪魔、抜きたいと散々言ったり周りの人たちも同様に言ってて評価はガタガタでしたが、大会本番は主力として活躍。使用感もかなり良かったです。全員が使うピカチュウを使えるポケモンにするのは勝率を大きく変える要因間違いなしなので今回の勝率高かったのはこのポケモンのおかげかと。パメラ発案のこの配分は間違いなくこのパーティのMVP配分。パメラありがとう



レアコイル

持ち物/特性食べ残し頑丈
放電ラスターカノンめざパ地面守る
性格/配分控えめ86(92)-50-71-104(240)-56-69(176)
技放電ラスターカノンめざパ地面守る
性格/配分控えめ86(92)-50-71-104(240)-56-69(176)

・S:自分のピカチュウ+1


 レアコイルは耐性耐久値共に優秀なので一方的に有利をとれるポケモンが多く食べ残しが非常に強かったです。例えるならロリプル版残飯ヒードランレアコイルに有効打があるポケモンを早めに狙って倒してレアコイルで詰ませる立ち回りは強かったです。あと食べ残しのおまけとして猫だましダメを食べ残しで回復して頑丈復活!みたいなこともできました。地味ですけどこれも役に立ちました
 ピカチュウのS+1にすることで放電→ピカチュウのC上げる→ピカチュウ攻撃とお手軽強力コンボを決めれるようにしました。実際の試合でも簡単に決まり大きく勝利に貢献してくれました。



サイドン

持ち物/特性気合いの襷避雷針
岩雪崩地震ドリルライナー守る
性格/配分陽気112-111(252)-86-36-41-62(252)


 サイドンのA種族値は130、あのガブリアスと同じです!それはサイドンが攻撃するということは、ガブリアスが進化前ポケモン達に地震や鉢巻雪崩を打っていることと同じということです。このルールのサイドンの火力がいかに頭おかしいかがわかります。つまり火力アイテムを持たなくても火力は十分すぎるほど足りています。要所で1回上手く動かせば勝てるぐらいです
 1回動かすだけで大きく勝ちに繋がるなら襷でしょ!という訳で襷を採用しました。実際サイドンを1発で倒せる技を採用している人は多く1発襷で耐えて殴るという場面は多かったです
 ヒノヤコマのアクロバットを余裕で受けることが出来、更に電気技無効と耐性面でも強く、入れない理由がないポケモンでした



タマンタ

持ち物/特性ソクノの実貯水
熱湯エアスラ追い風ワイドガード
性格/配分図太い95(252)-26-63(184)-51(12)-86-48(52)

・いじっぱりサイドンの岩雪崩耐え
・追い風時最速ピカチュウ抜き


 放電岩雪崩地震と範囲技が飛び交う環境なのでワイドガード役が是非欲しい。ワイドガードを覚えるポケモンはゴローン・キャモメマクノシタノズパスタマンタガントルドテッコツイシズマイニダンギルの9種類です。この9種類を見ると追い風を覚えてパールルの攻撃を受けれて素の特殊耐久も高いタマンタが一番いいだろうということで採用しました。ワイガは2枚採用することにはしませんでした。ワイガを覚える他のポケモンの不採用の理由は下に
 ニダンギル…優秀だがピンポメタの地割れ、零度に悩まされるだろうということで排除
 ドテッコツ…単体で見るなら最強クラスのポケモンですが格闘枠としてズルッグの方が使いやすくパーティ全体としてマッチしておりズルッグを抜いてまで採用するには至らない判断しました。両採用はヒノヤコマが重くなりすぎるから無しです
 その他…弱すぎ



ズルッグ

持ち物/特性突撃チョッキ威嚇
ドレインパンチ噛み砕く岩石封じ猫だまし
性格/配分意地っ張り97(236)-77(236)-56-35-56-45(28)

ヒノヤコマのアクロバット耐え


 優秀な猫威嚇両立ポケモン。負けん気を見ることがない(一応いますけど実際には殆ど見てません)このルールでは威嚇は非常に強力で毎試合活躍しました。このパーティは長期戦になること前提なので威嚇による物理ダメージ軽減は重宝しました
 ズルッグには猫威嚇の他にも格闘悪打点として動くという役割もあるので早々に退場させられてしまうケースは避けたいところ。そこで持ち物は耐久を上げるオボンか突撃チョッキの2択に。迷いましたが最終的にチョッキになりました。理由としてはオボンの不安定さ。このルールでは5割弱削られるということが多々あり、オボンが発動しないまま次の攻撃で倒れるということがざらにありました。チョッキとは違い物理耐久も上がることがあるとは言え、発動しにくいオボンほど弱い物はないので今回は不採用としました
 相手ポケモンの耐久が全体としてかなり低いので、ドレインパンチは攻撃しながら自分の体力を2.5割から4割回復するというトンデモナイ高性能技でした。それが先ほど消去法で決まったチョッキとマッチしており、ダメージを抑えつつ自分は全回復。そんなケースも多く持ち物は突撃チョッキで正解だったと思います
 岩石封じはヒノヤコマピンポイントです



ヒノヤコマ

持ち物/特性-疾風の翼
クロバット追い風横取り守る
性格/配分意地っ張り100(180)-84(252)-49(24)-x-46(8)-68(44)

・ストライクの珠燕返しを最高乱数切り耐え


 配分、アクロバット、追い風、守るまではあっさり決まりましたが4つ目の技枠だけ非常に難航しました。候補になった技と採用した横取りについて触れていきます

 横取り…自分が有利状況の時、相手のワイガを奪いながら攻撃したり相手の追い風を許さないと言ったプレイングが非常に強力だとピカチュウ大会チュウの対戦放送を見て決めました。(この構築を作っている時既に大会は始っていた)実際、自分が追い風している時に相手の追い風を許さない横取りは1手で勝利を確定させてくれるくらい強力でした。採用して正解だったと思います

 オーバーヒート…いじっぱり下降補正無振りでもニダンギルレアコイルに十分入るので最初は評価がかなり高かったです。が、レアコイルよりも速いという保証はなく逆に縛られる可能性が有る為ニダンギルへのピンポ技であることが考察の途中で分かってきました。ニダンギルはパーティ全体として重いわけでもないので採用は見送ることになりました

 ファストガード…猫だましやアクロバットを防げて強力ですが、ヒノヤコマは相手の猫だましを防げるほどSが高くありません。そしてこのパーティは対アクロバット耐性が高いのでファストガード採用してまでアクロバットを防ぎたいとは思いませんでした。よって不採用





・色々書きましたが自分はほとんど何もしていません。大体全てたぶさんとパメラが考えました
・あと負け惜しみですが回線なければ29勝1敗だったから悔しいいいいい。有線でやりたい…
・対戦してくれた方々ありがとうございました


 今回はパメラ、たぶさん、ぴったんさんに多くの個体、配分案を提供して頂きました。本当にありがとうございました!

提供者一覧

ポケモン 個体 配分案 持ち物案
ピカチュウ パメラ パメラ -
レアコイル パメラ - パメラ
サイドン たぶさん - -
タマンタ ぴったんさん たぶさん -
ズルッグ - - -
ヒノヤコマ パメラ たぶさん -